駐在準備

アメリカビザ面接まとめ/持ち物・服装・当日の流れ

はじめてのアメリカビザ面接、ちゃんと受理されるのかドキドキしますよね。

駐大阪・神戸米国総領事館でビザ面接を受けた時の流れと、注意点などをお伝えします。

ちなみに、13歳以下の子どもは、一緒に行く必要はありません。

当日の持ち物

申請書類一式

ビザの種類によって、必要書類が異なります。すべての方に該当する書類は以下のとおりです。

  • DS-160確認ページ
  • 有効なパスポート
  • 過去10年以内に発行された古いパスポート
  • 証明写真
  • 面接予約確認ページ

在日米国大使館・領事館のホームページに記載されているチェックリストはこちらです。

領事館へ持ち込み可能なもの

  • バック1点(25㎝×25㎝以内のもの)
  • 携帯電話1台
  • ビザ申請書類を入れた透明なクリアフォルダー
  • ベビー用品
  • ベビーカー

持ち込みできないもの

  • 電子機器
  • 許可されたサイズより大きなバック
  • 食品全般
  • 危険物

バックに関しては、指定サイズ内の紙袋の方もいましたし、許可されたサイズより明らかに大きいバックやリュックで入館している方もいました。

リップクリームやハンカチを入れたポーチなどは、持ち込み可能なものに記載されていなくても持ち込めました。

ですが、保証はできませんので、必要なもの以外は最寄り駅(大阪・梅田・淀屋橋)のコインロッカーに預けていくことをお勧めします。

我が家は、旦那が仕事のノートパソコンを持っていたため、淀屋橋のコインロッカーへ荷物を預けにいきました…。

指定サイズ内のバックに、クリアファイルに入った申請書類、ハンカチ、ポーチを入れていざ面接へ。

服装

就職面接ではないので、正装していく必要はありません。

普段着で大丈夫です。

男性の方は、気持ちスーツやジャケット姿の人が多かったですが、ジーパンで来られている方もいました。

女性の方は、カジュアル過ぎる方は見かけませんでしたが、みなさん普段着でした。

行き方

当日は天気が良かったので、Googleマップ片手に歩きました。大阪駅から歩けば、15分で到着します。

当日の流れ

領事館に到着、歩道に並ぶ

予約時間の15分前に領事館へ到着しました。このときすでに10人くらい並んでいました。

ガードマンに誘導され、歩道にある植え込みのブロックに座って並びました。

天気だから良かったものの、雨だったり、真夏真冬だったらと考えると…。

順番に5人くらいずつ入口に案内され、携帯電話や車のキーなど電子機器をトレイへ入れるよう指示がありました。

携帯電話は電源を切り、建物の中に入りました。

1階でセキュリティチェック

入ってすぐにカバンや携帯電話などのX線検査、セキュリティゲートで金属探知をしました。

空港の手荷物検査のようで、さすがアメリカといった感じでした。

セキュリティチェック後に、受付担当者が予約確認を行い、3階へ行くように案内されました。

※このときパスポートと予約確認ページを提出。パスポートの後ろにバーコードつきのシールが貼られました。

3階で申請受付&指紋登録

エレベーターで3階へ上がり、ビザ申請の受付をしました。

アクリル板越しの窓口がいくつかあり、順番に空いた窓口へ行きます。

必要書類の確認をされ、書類をクリアファイルにまとめて渡されました。

ビザの種類によって、クリアファイルの色が違うようでした。

その後、1番左の窓口に並び指紋の登録をしました。

窓口には指の置きかたの図がありましたし、担当の方も、アメリカンな日本語で教えてくれました。

指紋登録後は階段で2階へおります。

ちなみに、3階には証明写真ボックスがあり、写真がNGだった場合、撮影できるようになっていました。

申請写真を準備していなかったのか、ボックスに入った人がいましたが、すぐに1万円札を片手に出てきました。

両替機はないので、もしものために千円札のご用意を。

ビザ面接

階段で2階へおりて、いよいよ面接です。

面接もアクリル板越しの窓口です。個室で座ってをイメージしていましたが、駅の窓口みたいな感じでした。

窓口は4〜5つありましたが、開いていたのは2つでした。各窓口には受付可能なクリアファイルの色表示がしてありました。

数人の列に並んで待つこと30分くらい。いよいよアクリル板越し、立ったままで面接です。

書類の入ったクリアファイルを渡しました。

面接官からの質問は、

  • 日本語でいい?
  • 何の仕事をするの?
  • 副社長になるの?
  • アメリカのどこに行くの?

でした。

旦那はもちろん、日本語を希望して、仕事内容を簡潔に説明、副社長になることはなく、日本への帰国の意思があることを伝えていました。

最後に、「赴任先はとても田舎だけど、大丈夫か?」と心配されました。

うさぎ
うさぎ
田舎は好き、大丈夫です!

問題ないことを伝えると、「面接はOK,1週間くらいで届きます」と。パスポートを預けて、終了となりました。

面接は、数分で終わりました。

え?終わった?

聞き間違いじゃない?

パスポート預けたから大丈夫?

旦那とともに、そんな感想をいだきながら、1階出口から外へでて終了となりました。

そのあとは、久しぶりに二人でビール片手にたこ焼きランチをしました♪

ビザ面接/おまけ

  • 我が家が申請したビザはE2ビザでした。
  • 所要時間は、領事館到着から面接完了まで、1時間半でした。
  • 休憩スペース(椅子と自販機)はあったものの、休憩していては列に並べないため、ずっと立ちっぱなしでした。
  • 持参した証明写真は返却されました。オンラインで提出したものに不備がなければ返却されるようです。こちらは後日、国際運転免許証に使用しました。
  • 面接官は日本語も英語も話せるようで、学生には英語、社会人には日本語で話している印象でした。アジア系の方には英語、日本語どっちが良い?と聞いていました。
  • 子連れの方には、面接待ちの優先レーンがあるようです。クリアファイルの色で区別しているようでした。

ビザ受取

水曜日に面接、ビザは1週間くらいで届くと言われました。

ですが、3日後の土曜日に届きました!早くて驚きました。

ビザが貼られたパスポートが1人分ずつレターパックプラスで届きました。郵便屋さんからの手渡しとなります。

以上、アメリカビザ面接の流れでした。少しでも不安の解消になればうれしいです。

大使館/領事館公式解説ビデオ

この動画をみて面接をしたならばもう少しリラックス出来たかもしれません。気づくのが遅かったです…。

大阪米国総領事館

東京米国大使館

created by Rinker
¥1,320
(2021/10/18 10:44:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

ブログランキング参加中♪
うさぎ
うさぎ
記事が気に入ったらクリックお願いします。モチベーションが上がりますp(#^.^#)q

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村